コメント
リンク

THE IDOLM@STER GREAT PARTY @ TOYKO レポ
 初めて東京と大阪の二回講演となる、「THE IDOLM@STER GREAT PARTY」の初日でした。出演は中村さんの他、今井麻美さん、仁後真耶子さん、若林直美さん、下田麻美さん、平田宏美さん、滝田樹里さん。

 すっかりおなじみとなった小鳥さんの前説の後、ダンス審査員によるカウントダウンで開幕。新作「LIVE for YOU」のプロモーション映像も流れ、期待が膨らみます。この作品でついに小鳥さんが登場するみたいですね。

 この日の中村さんの最初の服装は、ふわっとしたノースリーブの白い服と腰から下は赤のチェックでそのままスカートになっていて、足にはブーツといった感じ。どことなくウェイトレス風でもありました。

 オープニングでは司会のような役割で進行します。ちなみに、前日台風が来たのは、中村さんたちが「台風の目」だったからだそうです(笑)。

 最初のコーナーは、サイト上で募集していた坂上プロデューサーへの質問。「アイマスプラチナコレクションとエースコンバットの発売日が同じなのは何かの陰謀ですか?」という質問に、「はい」と答える坂上P。同じバンナムのソフトとして力を合わせていくそうで、中村さん曰く「一致団結」だそうです。Master Artistの曲名と同じですね。誰がうまいことを(笑)。


 次のコーナーは、「ラジオdeアイマSHOW!」を模した「渋谷deアイマSHOW!」。パーソナリティとして滝田さんと下田さんというちょっと珍しいお二人。助っ人として中村さん、今井さん、仁後さんが加わります。中村さん本人によると「強力な助っ人」だそうで。

 まずは「新人さんいらっしゃい」。コーナー説明を「どう?」と中村さん、今井さん、仁後さんとたらい回しにしていたりしたものの、メールはちゃんと読んでいました。韓国へ出張というプロデューサーさんに、「XBOX360を背負って行けばいい」ということで「This is XBOX! I am producer」とか言っていた中村さんですが、「韓国なのに英語?」という冷静な突っ込みも。

 続いて、レッスン「マッチョちょんに挑戦」のコーナー。中村さんとのハイタッチから発覚し、ラジオdeアイマSHOW!の腕相撲にてはっきり分かった仁後さんの力に若林さんと平田さんが挑戦するというものでした。結果は……仁後さんの圧勝。仁後さん強し。ちなみに、ラジオの時は同時に「変顔」もあり、中村さんはすごい表情だったらしいのですが……今井さんによると「(中村さんの)人生が終わる」ので非公開だとか。


 これで「渋谷deアイマSHOW!」は終了。続いて生ドラマのコーナーに移ります。今回は、勘違いから小鳥さんと亜美真美が社長になってしまい、新生事務所「766プロ」としてアイドルのイメージチェンジをはかるというもの。募集していた「IFの世界」の中から2枚を引き、会場の拍手が多かった方をアドリブで話すという形式でした。真が「ウホッ」なキャラ、やよいがブートキャンプなど、とんでもないお代が多かったですね。

 そんな中、中村さん演じる春香は「赤ちゃん」と「帰国子女」のどちらかがテーマでしたが、微妙な差だったこともあり両方やることに。赤ちゃんの舌っ足らずな言い方での英語はかなり難しそうでしたが、しっかりこなして盛り上げていました。なお、大きくなるまでしっかり面倒を見て欲しいとのこと。皆さん頑張りましょう。


その後は「2次会のカラオケ」と称したライブコーナー。服装も替わり、中村さんはの赤黒チェックに黒のスカート、というちょっと大人の格好に。

ライブはいきなり「キラメキラリ」から始まる飛ばした展開。アップテンポな「目が逢う瞬間」をパワフルに歌う今井さんはさすがの一言。平田さんの「迷走Mind」はその格好良さに思わず息をのんで聞き入ってしまったりとか…。緊張気味の滝田さんが歌う「空」、実はMAで一番好きな曲でもあるのでかなり楽しませてもらいました。あと、律子の「いっぱいいっぱい」ではバックダンサーまで眼鏡をかけていたことが印象に残っています。さすがだ(笑)。

そして、中村さんはMAの曲「I want」を格好良く歌い上げていました。高笑いがあったりと普段とかなり違った雰囲気で、「春香のハの字もなかった」と中村さん自身言っていました。でもこれも、春香、そして中村さんがいろいろな面を見せてくれるという証明の一つではないかと。

ライブコーナーの最後には、全員から一言ずつ。最後になった中村さんからは「世界、ネット、あらゆるところがステージ」「みんなを、そして私を大事にする気持ちを」! そしてそのまま最後の曲「i」へ。1人につき1フレーズずつつないでいく流れできれいにラストを飾りました。


続いて3次会、抽選のコーナー。当たるのはサイン入りのゲームソフトです。抽選方法は、「出演者が番号を言う → 中村さんが適当に計算」というなんともすごいもの。
若林さんは誕生日の「1102」、下田さんはドラマで766プロがあったことにちなみ、765から1を引いた「764」。平田さんは若林さんの誕生日を祝う店の電話番号らしきもの。仁後さんは「2510」(ニゴジュウ)。今井さんは「72」、深くは語らず。そして中村さんは「765」でした。
計算方法は……ごめんなさい、よく分かりませんでした(笑)。周りからの声を聞きつついろいろしていたみたいです。
そして、同じ番号でも「(電話予約)A」「B」「ぴあ」「ローソンチケット」の4つがあるので、それぞれを代表した人にじゃんけんをしてもらって決めることに。Aが今井さん、ローソンが若林さん、などオフィシャルイベントとは思えないような状況でした(笑)。


あっという間だった2時間半も終わり、最後の挨拶。
中村さんからは、「アイマスはまだ終わらない、終わるつもりはない!」との力強い言葉が。そう、まだまだ終わらせません!
そして最後はやっぱり、「ドームですよ、ドーム!」


和気藹々のトークあり、大胆にイメージを変えるドラマあり、全員がソロ曲を歌ったライブあり、と今回も盛りだくさんの内容でした。原点回帰あり、新しい試みありとすごく楽しめました。ここからまた始まる、新たなるステージにも期待していきましょう!
| k-you | 00:20 | comments (0) | trackback (0) | 声優::アイドルマスター |
コメント

コメントする





←空欄でお願いします(迷惑投稿対策)


この記事のトラックバックURL
http://www.eriko-fan.net/blog/tb.php/138
トラックバック
このページの先頭へ
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018/12 次月>>
プロフィール
OTHERS
このページの先頭へ